指導について

導入期は基礎をつくるとても重要な時期です。
悪い癖がついてからでは直すのに何倍もの時間が必要です。
正しい奏法、表現力、読譜力、聴く耳がバランスよく身につくよう、常に心がけています。
また、ソルフェージュや楽典もバスティン、リズムとソルフェージュなどの本を使い、導入・初級の時期からピアノのレッスンと合わせて行っています。

教材について

教材選びはとても大切です。
それぞれの生徒さんに合った教材をよく考え、選んでいます。

導入・初級~バスティン、ピアノランド、ぴあのどりーむ、バーナムなどを使っています。データを使ったレッスンも行っています。

中級~ハノン、ツェルニー、ブルグミュラー、などに入ります。

中上級~ソナチネ、ツェルニー30番などの練習曲と合わせて難しい曲にも挑戦していきます。

大人の方はクラシック、ポピュラーなど弾きたい曲や好きな曲を相談の上、決めています。