楽譜が読めるように

メロディやリズムを理解し、楽譜を見ながら弾けるように。耳で聴いて覚えてから弾く、という習慣がついているとなかなか楽譜が読めるようになりません。
読譜力がつくレッスンに力を入れています。

正しい奏法で弾けるように

目で見た音符が脳に伝わり、そして反応した指が正しい奏法で弾いていけるように。
スポーツなどのフォームと同じように、正しい姿勢、正しい手の形で弾くことはとても大切です。成長に合った指導を心がけています。

よい音で弾けるように

自分で弾く音の音色や強弱、リズムなどをしっかり聴くことでできること、つまり良い耳が育つことで表現力が身につき上達につながっていきます。

MENU