4歳児のレッスン リズム練習

リズム練習は大好きな子が多いです。
始めは、いぬ、ねこ、りんご、バナナ、ケーキ、ドーナツなどを絵を見ながら、どれが好き?など聞きながら一緒にたたきます。ここまではすぐできます。
チョコレート、ビスケット、コケコッコーなどタタの八分音符のリズムが出てくると4歳児さんの場合は、言葉と手が合わなくなることがよくあります。
まず、口だけで繰り返した後にゆっくり手と口をあわせるとできるようになってきます。
お家でも家の中にある物などを言いながらリズムをたたく練習をするとどんどん上手になります。

タタのリズムがとれるようになったら、4才のリズムとソルフェージュ(呉暁)に入ります。言葉のリズムができているとスムーズに楽しく進められます。拍子が書いてなくてもできるだけリズムを感じながら(リズムに乗って)たたけるよう心がけています🎵

ピアノの曲の場合もまずその曲のリズム練習、そして音名で歌ってから弾いていくようにしています。