スラーとブレス

ピアノを始めて間もない生徒さんだと、スラーの意味はわかっていてもスラーとスラーの間のブレスを上手く取るのはむずかしいです。ブレスを手をあげる、手を離すと捉えてしまうことも多く、特に1小節の中にブレスが入るとリズムもくずれやすくなります。

小学生になっている場合は、作文のように音符を簡単な文章にかえて、ここは「、」ここは「。」だね、とか1小節の中の弱拍からスラーが始まっているところは、ここは「でも」「さぁ」などの言葉で例えるとスラーとブレスを自然に感じてくれることが多いです。

前の記事

個展へ

次の記事

読譜の練習