楽典の本

レッスンも1週間の夏休みに入り、楽譜や音楽関係の書籍を整理整頓…と思いきやついつい本を読みだし片付けの手が止まってしまいます💦

楽典の本も初心者向けのものから専門的な本まで色々ありますが、私のお気に入りの1冊が「先生のための楽典入門」。とても丁寧にわかりやすく書かれていています。また、曖昧になっていた事柄が解消できる本です。
コラムや対話形式での説明は新たな発見もあり読み物としても楽しく読めます。

他の楽典の本にない所が、学習指導要領との関連が載っているところ。
小学校や中学校の音楽の授業でどこまで習うのかが教科書を見なくてもよくわかりレッスンにも役に立ちます🎵

前の記事

姿勢